2005年 01月 09日
晴耕雨読
a0012950_214877.jpg

飲みやすい芋焼酎。米焼酎を少し加えてなめらかにしてあるそうだ。
芋が苦手な人にも飲みやすい味。逆に芋らしさを求めるときにはよろしくないかも。
これはやっぱり冬でもお湯割ではなくロックですね。
一年くらい前、池袋の居酒屋で名前に惹かれて初めて飲んだ記憶がある。
その時の味の覚えはもうないけど。
最近、近所の酒屋でみつけたので買ってみた。ネーミングがいい。

ラベルの漢詩っぽいのは蔵元のオリジナルらしい。

人生中年過 載仕事重責 一時忘浮世 人生最高楽
非栄達贅沢 醤煎豆罵倒 歴天下英雄 呑晴耕雨読

人生なかばを過ぎ 頂く仕事の重責 益々重く 一時のゆとりを求めたし 人生最高の楽しみは 贅沢栄達にあらず 煎り豆を醤り 歴史の英雄豪傑を罵倒する 酒と楽しむ読書にこそあれ

とのこと。酒と楽しむ読書、いいですね。
[PR]
by kkei_10 | 2005-01-09 02:14 |


<< イブラヒムおじさんとコーランの花たち      観覧車 >>