タグ:日本酒 ( 9 ) タグの人気記事
2011年 04月 25日
a0012950_16195667.jpg
いろいろな種類の日本酒小瓶が売られていたのでいくつか買ってみました。
ブルゴーニュ型の一合瓶という珍しい形。
これは櫻正宗と櫻室町です。
今年の桜はいつの間にか咲いていて、いつの間にか散ってしまった。
[PR]
by kkei_10 | 2011-04-25 16:26 |
2011年 04月 01日
大七
a0012950_21514369.jpg
福島の酒。
現在多く使われている速醸造りでは酵母を増やす工程で乳酸を人工的に加えているけれど、
生酛造りでは空気中から取り込んだ乳酸菌が産生する乳酸を利用しています。
山廃造りも生酛を少し簡略化した造り方。
この酒は燗もおいしいというので、次は温めて飲んでみます。
[PR]
by kkei_10 | 2011-04-01 21:52 |
2010年 12月 13日
ワイン×日本酒
a0012950_1805896.jpg
ワインのようなラベルだけれど、そうではなくワイン樽で熟成させた日本酒です。
40日間白ワインの樽で寝かせたらしい。
店で試飲させてもらったら美味しかったので一本買ってきました。
原酒で濃いめの味。どちらかというと味よりも風味にワインが利いているらしい。
鼻が弱いので匂いはあまりわからなかったかれど、
味もなんとなく普通の日本酒とは異なった趣があったような気もします。

a0012950_181482.jpg
反対側のラベル。
国分寺の日本酒店が独自につくっているらしい。
限定360本だとか。
[PR]
by kkei_10 | 2010-12-13 18:07 |
2010年 10月 18日
鹿とうぐいす
a0012950_17534099.jpg
庭のうぐいすと秋鹿です。春と秋のコラボ。

庭のうぐいすは以前買って気に入った酒。
少し遠い店で売っているのでそれ以来買ってなかったけれど
近所に行くついでがあったのでまた買いました。
福岡の酒です。

グラスは居酒屋で飲んだ秋鹿のカップ酒の容器を再利用。
一升瓶や四号瓶は文字だけで絵はないけれど、カップ酒は子鹿のイラストつき。
バンビカップと呼ばれているらしい。
こちらは大阪の酒。
[PR]
by kkei_10 | 2010-10-18 17:53 |
2009年 04月 09日
菩提もと にごり酒
a0012950_0282877.jpg
英字新聞に包まれた瓶と木の札が気になって買ってみた。
生の活性酒なので、酸味がある味は春にあうはず。

a0012950_0284149.jpg
新聞をとると木版画風のラベル。地元のお寺の住職さん作らしい。
酒の色はうすにごり。
なにも考えずグラスに注いで飲んでみると味にびっくり。
日本酒とは思えないフレッシュかつフルーティさ。
生酒はあけたてがおいしいので、翌日に持ち越すのはもったいないと思い飲み過ぎてしまった。
一本はさすがにあけませんでしたが。
この季節は花見に持ち込むのがよさそうです。
[PR]
by kkei_10 | 2009-04-09 00:29 |
2008年 12月 06日
瑞穂黒松剣菱
a0012950_12345349.jpg
風景写真が続いたので、ちょっと休憩。

剣菱は五百年の歴史を持つ日本最古の銘柄。
両津勘吉と志村けんが愛する日本酒です。
赤穂浪士が討ち入り前にも飲んだとも言われています。
一時期は味とともに評判が落ちたようですが、近ごろは味も復活したらしい。

この瑞穂黒松剣菱は剣菱が21年ぶりに出した新商品の純米酒。
最近いくつか買ってみた日本酒は後味が悪くはずれが多かったので
しばらくワインに逃げていたけれど、これは久々の当りでした。

似たような名前で瑞祥黒松剣菱というのもありますが、そちらは数年寝かせた純米古酒。
さらにまた黒松剣菱という本醸造酒もあってややこしい。

この酒は山廃仕込みらしく濃厚だけれど、適度な辛味・酸味もあって
後味もすっきりして気持ちいい味です。秋や冬にちょうどいい。
瓶の形とラベルも美しい。
[PR]
by kkei_10 | 2008-12-06 12:35 |
2008年 07月 24日
貳百八拾號
a0012950_18591039.jpg
木桶を復活させて仕込んだという浦霞の日本酒。
創業280年だから、桶と酒の名前が貳百八拾號。
最近の日本酒はもっぱら琺瑯加工タンクで造られているらしい。
そういわれてみると、この酒は少し木の味わいがあるような気がする。
多分気がするだけたど思うけれど。なにはともあれおいしい。
最近は全国的に木桶も復活してきているのだとか。
http://www.okeok.com/genba/genba_urakasumi.html

[PR]
by kkei_10 | 2008-07-24 19:00 |
2008年 06月 06日
うとうと
a0012950_179798.jpg
小豆島の純米酒。名前とラベルと小豆島に惹かれて買いました。行ったことないけれど。
島ではしばらく日本酒は造っていなかったけれど、2005年に三十五年ぶりに復活したとか。
名前とはうらはらに、意外としっかりした味。だけれど飲みやすい。
冷やして飲むか常温で飲むか、どちらがいいかちょっと迷う。
小豆島だけあって、オリーブを一緒に食べるといいかもしれない。今度買ってこよう。
他に「ふわふわ」「ふふふ」「びびび」などがあります。
[PR]
by kkei_10 | 2008-06-06 17:10 |
2008年 04月 24日
槽取壱番
a0012950_17193048.jpg
久々の日本酒記事。といっても大分前に飲んだものですが。
ふなどりいちばん。槽というのは日本酒を造るときの器具らしい。
それからとれた一番酒だから槽取壱番、なのかな。いい加減ですみません。
近所の店で買った純米吟醸生酒です。うすにごり。
味が劣化しやすいので、開けた翌日くらいには飲み切る。
生酒らしく芳醇で、甘さと酸味のバランスがとてもいい。
気に入ったので、その店に置いてあった三本くらいを買い占めました。
また来年も入荷するかな。
[PR]
by kkei_10 | 2008-04-24 17:20 |